目標の1次リーグ突破の可能性をつなぐため、是が非でも勝ちたい一戦だったが、鳥栖は後半に決勝点を奪われた。キャプテンマークを巻いたDF青木は「結果を出し、チームの流れをいい方向に持っていきたかった」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)