東北楽天の銀次が五回、好守で則本の快投を支えた。1死一塁、左打者の柴田が放った一塁への強烈なライナーに飛びついて好捕。倒れ込むように帰塁する一走にタッチし、一人で併殺を完成させた。  銀次は「打者が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)