宮城県川崎町は町営のセントメリースキー場の一部ゲレンデに、雪がなくても滑ることができるプラスチック樹脂製のマットを敷設する。一年中滑走を楽しめる環境を整え、新たな需要を掘り起こす。町によると、同様の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)