前半13分に失点し、0-1のまま迎えた後半ロスタイム。際どい場面で仙台の執念が実った。  「(時間的に)ラストプレーだと思った」と振り返る永戸が、左サイドから低い弾道のクロスを上げる。エリア内の西村...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)