タクトに迷いはなかった。1点を争うシビれる展開。2―1の七回だ。先発の加藤が一死二塁のピンチを迎えると、栗山監督は谷元をマウンドへ送り込んだ。谷元は9番・木村文をきっちり左飛。これで二死とした。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)