「幻の魚」と呼ばれる日本最大の淡水魚イトウが、産卵のため宗谷管内の河川を遡上(そじょう)している。雄と雌のペアによる産卵活動はピークを越え、まもなく終盤を迎える。サケ科のイトウは絶滅危惧種に指定され...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)