二〇二〇年東京五輪パラリンピックの開催自治体の費用負担問題で、黒岩祐治知事は九日、東京都内で開かれた九都県市首脳会議の席上、小池百合子都知事に「原理原則」の適用を迫った。小池知事は「五月中」に答えを...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)