乾いた打球音が札幌ドームに響きわたった。「球に力もあるし、ストライクゾーンに来たら、積極的にいかないと簡単には打てないと思っていた」。一回一死一、二塁で打席に向かった中田は、高橋光が投じた初球の真っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)