愛媛県松山市の医療法人が厚生労働省に無届けで臍帯血(さいたいけつ)を人体に投与していた再生医療安全性確保法違反容疑事件で、厚労省は9日までに、同法に基づき同市大手町1丁目の「大手町クリニック」に再生...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)