釧路市丹頂鶴自然公園(鶴丘)で飼育されているタンチョウのひな1羽が4月下旬に生まれ、親鳥に見守られてすくすくと育っている。雄のドウサンと雌のエムコの子で、26日ごろふ化したとみられる。淡い茶色の産毛...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)