磐田は負けていてもおかしくなかった。甲府を切り崩す手段を見つけ出せず、シュートは今季最少の5本。相手ペースに引きずり込まれ、最後は数的不利の状況に追い込まれた。苦しい試合を引き分けに持ち込み、名波監...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)