高校野球の第70回春季四国地区大会最終日は5日、鳴門オロナミンC球場で決勝が行われ、明徳義塾(高知1位)が延長十一回の末、松山聖陵(愛媛2位)を8―7のサヨナラで下し、3年ぶり10度目の優勝を飾った...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)