一回に5得点。鮮やかな先制劇が、報徳の勝利を決定付けた。安打数こそ育英の13本より少なかったが、10安打に足も絡めて効率よく攻め、大角監督は「立ち上がりに盗塁も決まり、4番の篠原が落ち着いて打つこと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)