第43回青森県春季陸上競技選手権は5日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で開幕し、男女合わせて15種目の決勝を行った。男子走り幅跳びは、奥口遥史(木造)が7メートル28の自己ベストを記録して初優勝し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)