西武の先発は目下、防御率リーグトップの菊池。1、2点で勝敗が決まる厳しい戦いで、東北楽天の釜田は五回途中5失点と精彩を欠いた。「球の感じは悪くなかったが…。良い投手相手に粘り切れず、申し訳ない」と肩...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)