浦和は最後まで鹿島のゴールをこじ開けられず、2試合連続の零封負けを喫した。  開始からボールを支配した浦和だが前半24分に右サイドからつながれ、中央の金崎の個人技で先制を許した。後半も主導権を握っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)