大宮は攻撃的な守備で主導権を握ったが、少ない好機を生かした仙台に1―2で敗れた。  攻撃の歯車がかみ合わなかった大宮は前半17分に佐々木のゴールで先制を許すと、後半12分にも西村の突破から追加点を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)