鳥栖が放ったシュートは神戸を上回る11本。前半の失点からギアを入れ替え、後半は一気に攻勢に転じたが、無得点に終わった。フィッカデンティ監督は「これだけチャンスをつくれたのなら、点を取れてよかった」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)