爆発した打線に負けじと、高梨もノリノリだった。吉井投手コーチは七回を終えた時点で「最後までいくぞ」と右腕に命じた。そして九回二死。香月を中飛に打ち取りスコアボードに九つの「0」を並べると、ようやく頬...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)