より良いサッカー環境を目指し、県内のサッカーチームに所属する小学六年生七百人が三十日、富山市の県総合運動公園屋内グラウンドで、練習や試合などで差別や暴力をなくすための対策や心構えを考えた。  所属...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)