鳥栖は先制したものの、厚みのある鹿島の攻撃をはね返せずに2点を失い、逆転負けした。  試合の主導権は序盤から鹿島が握った。鳥栖は前半23分、相手のハンドで得たPKをFW豊田が決めて先制。ただ、その...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)