磐田は後半にエンジンが掛かった。ハーフタイムの名波監督の指示は「もっと厳しく球際で戦え」。この一喝で、選手は本来の積極的な姿勢を取り戻した。2点差を追い付き、その後も相手を押し込み続けた。指揮官が「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)