日本ハムは守りにミスが出て競り負け、3連勝を逃した。  1―1の九回1死二塁、二ゴロを大累が一塁へ悪送球する間に走者が生還、決勝点となった。打線は七回、大田の適時打で同点に追いつくのが精いっぱい。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)