もったいない試合だった。仙台は浦和の2倍以上となる13本のシュートを放ちながら1点が遠かった。越後監督は「できれば勝ち点3を取りたかった」と冷静に振り返った。  自陣で球を奪ってからの速攻は相手の脅...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)