バドミントンのアジア選手権は28日、中国の武漢で女子シングルス準々決勝を行い、世界ランキング5位の山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は世界10位のラチャノック・インタノン(タイ)を2―0で下...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)