胆振管内むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜化石(通称・むかわ竜)について、北大と同町穂別博物館は4月27日、体長約8メートルの国内最大の全身骨格と判明したと発表し、標本を同町内で公開し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)