0秒29。瞬くほどの時間も、100メートルでは大差を意味する。昨年の日本選手権女子で7連覇を達成した福島千里(札幌陸協)と、高校2年ながら2位に入った斎藤愛美(岡山・倉敷中央高)。圧勝した第一人者に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)