2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向け、釜石市は27日、同市鵜住居(うのすまい)町で、試合会場となる釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)を着工した。スタンドや屋根など常設の主要施設を造り、来年7...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)