死闘を締めたのは守護神・増井だった。1点差まで詰め寄られた十回。内川を二飛で仕留めると、右腕はマウンド上で安堵の笑みを浮かべた。「何より勝てたことが大きい。あそこまでいったので、勝てばいいと切り替え...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)