比布町南1線の菅原農産で、白カブの出荷が始まった。道北では最も早い出荷といい、水洗いや箱詰めなどが行われているビニールハウスには、つややかなカブがずらりと並ぶ。出荷しているのは極わせの「玉里(たまさ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)