守備の際、捕手や内野手がマウンドに集まって間合いを取ることがある。勝負どころで気を引き締め直したり、一呼吸を置いたりと狙いはさまざまだろう。  23日のソフトバンク戦。1点リードの九回2死一塁、守護...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)