仙台が前日に続き40点以上の大差で敗戦。前半を終え大勢は決し、なすすべがなくなった後半は千葉の独壇場だった。  前半、速攻やオフェンスリバウンドから得点を積み上げられた。不用意なパスミスでボールを奪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)