試合終了寸前、仙台の勝ち点3が1になった。3-2の後半ロスタイム5分、広島・柴崎がゴール前で蹴った試合最後のシュートがネットを揺らした。突っ伏す仙台イレブン。「勝ち点2を落とした印象が強い」。主将の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)