東北楽天打線が今季最多の1試合5本塁打を含む11得点の猛攻を見せ、2戦連続で延長十二回サヨナラ負けの重苦しい雰囲気を吹き払った。  延長の末に落とした2試合は終盤の救援陣の踏ん張りに、打線が応えられ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)