越前漆器の蒔絵(まきえ)職人で伝統工芸士の松田眞夫(さなお)さん(83)=鯖江市河和田町=が、大相撲で行司が使う軍配の装飾を手掛けた。表面に力強い竜を描き、側面は貝殻を使ってきらびやかに飾った。不在...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)