東北楽天は今季初めて延長十二回までもつれた激戦で、森原が痛恨の一打を浴びてサヨナラ負けを喫した。1死一塁、浅村の当たりが右中間を痛烈に破ると、新人右腕はぼうぜんと打球の行方を見つめるしかなかった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)