低迷を続けていたマラソン界が大きくかじを切った。これまでの代表選考は男女とも五輪前年の世界選手権と、その後の国内3大会を対象レースとしてきた。合計4レースから代表3人を選ぶ方式で、異なる条件のレース...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)