横須賀市職員にパラリンピックについて知ってもらう講演会が17日、市役所で開かれた。約50人を前に、競泳の視覚障害のクラスに6大会連続で出場し、金メダル5個を含む計21個のメダルを獲得した河合純一さん...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)