春の行楽シーズンを前に、釧路市阿寒町の阿寒湖で遊覧船を使って氷を砕く作業が進んでいる。上空から小型無人機(ドローン)で見下ろすと、凍った湖面から湖水が半年ぶりに顔をのぞかせていた。遊覧船の航路を確保...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)