ラムサール条約登録湿地の宮島沼(美唄市西美唄町)で、日本で越冬し繁殖地のシベリアなどに向かう国の天然記念物マガンの飛来がピークを迎えている。4月7日には、1日の観察数としては過去最多の約8万6千羽を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)