男子200メートル平泳ぎ決勝で、津久見市出身の渡辺一平は自身の持つ世界記録(2分6秒67)の更新はならず、ライバルの小関也朱篤(ミキハウス)に敗れ、悔しい2位となった。得意とするラスト50メートルで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)