長野市で16日に開いた第19回長野マラソンには、40の国と地域から計530人の外国人がエントリーし、初めて500人を超えた。観光地を巡るだけでは分からない、「素顔の日本」を知りたいという希望が背景に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)