【シカゴ共同】米大リーグが16日、各地で行われ、カブスの上原はシカゴでのパイレーツ戦で1―0の八回に登板し、1死も奪えずに2安打、2四球で3失点(自責点2)し、昨年7月からの連続無失点が21試合で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)