1点差に詰め寄られる嫌な流れの八回、島内が1号ソロで2点差に広げた。  外角高めに来た3球目、ボール気味の直球を強振すると、打球は左翼席に達した。4連打で押せ押せだった六回無死二、三塁で凡退していた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)