東京六大学野球の新人戦「フレッシュリーグ」が十五日、神宮球場で行われ、医師経験のある東大三年の伊藤一志投手が慶大戦に先発した。四十歳という年齢で聖地デビューを果たし、「十八歳で来たかったから大遅刻。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)