六回無死一塁の場面で公文が藤田に対し、危険球を投じ、退場処分を受けた。その緊急のマウンドに上がったのは榎下だった。  「ブルペンでも2球しか投げていなかった」と話すように、嶋への初球は内角へ抜けた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)