日本球界初勝利はお預けとなったが、強力打線相手に手応えは得た。初先発は4回88球を投げ2安打1失点。2点リードで栗山監督は早めの継投策を選択した。  序盤から力強い直球とツーシームを主体に、凡打を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)