本格的な出漁シーズン到来を前に、旭川市の老舗染め物工場「近藤染工場」で大漁旗づくりが最盛期を迎えている。作業場には荒波や太陽などをあしらった華やかな大漁旗がつるされ、7人の職人がはけを軽やかに踊らせ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)