2019年の茨城国体を2年半後に控え、県は一層の大会開催機運の醸成に向けた取り組みに本腰を入れる。16年度の県政世論調査で、本県開催を知っていると回答した県民が約4割にとどまったことから、県は「開催...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)