なかなか眠りにつくことができなかった。いろいろなことが頭を駆け巡った。不安、プレッシャー。注目のドラフト1位・佐々木千隼投手はプロ初先発前夜、真っ暗な部屋の中で自分と向き合っていた。登板前夜に眠れな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)